動的右室流出路閉塞の猫

17歳の猫が
『3ヶ月前から耳のかさぶたが治らない』
との主訴で来院されました。

耳のかさぶたは両耳にありましたが、特に右耳からの出血が多く猫もそこを気にして引っ掻くために出血を繰り返してしまい、エリザベスカラーをして引っ掻くことを防いでもやはり出血を繰り返すということでした。
耳の細胞診検査では『扁平上皮癌疑い』でした。
(この猫の毛は白色でしたが、白色の猫には耳の扁平上皮癌が比較的多く見られます


血液検査では慢性腎障害Stage2でした。
身体検査ではハッキリとした心雑音が確認されましたが、こちらは2年前より他院にて心筋症との診断から内服薬を続けているとのことでした。

エリザベスカラーをしていても出血を繰り返し、猫のQOL(生活の質)が低下している状態でした。飼い主様も出血を繰り返す猫を見ていて精神的に辛かったと思います。しかし、17歳という高齢になっていること、以前より心臓病(心筋症)との診断で治療を受けていることから麻酔をかけることが心配とのことでした。
そこで心臓の精査のために、レントゲン検査、心電図検査、超音波検査を行いました。
レントゲン検査、心電図検査では異常所見はありませんでした。
超音波検査では心筋肥大は無く、心臓の運動性も異常はありませんでした。
ただし、『動的右室流出路閉塞』というものがみられました。
これは右心室から肺動脈にかけての流出路が狭くなる時があるために、血液の流れが高速になってそこから雑音が生じているというものです。

この状態であれば心臓に関して麻酔は問題なく行えると判断しました。

手術は問題なく終了し、病理組織検査の結果は『扁平上皮癌』とのことでした。

猫の聴診は犬よりも難しく、雑音があっても正常であったり、雑音が無くても異常があることがあります。慎重な判断が必要とされます。

直径3ミリの細径内視鏡による膀胱結石の摘出

8歳の雄のマルチースが膀胱結石を繰り返すため尿道ろう形成術を実施ししたが、X線検査とエコー検査により再度膀胱結石(3mm×4mm)の存在を確認したため、直径3ミリの細径内視鏡にて摘出処置を行なった。

大腿部の血管周皮腫切除後の大きめな皮膚弁(スキンフラップ)を応用した皮膚形成外科

雑種犬12歳の避妊雌の大腿部の腫瘤が最近増大してきたということで来院、細胞診にて非上皮性悪性腫瘍であることが分かり、腫瘍摘出手術になった。腫瘍周囲から大きく切除するのはもちろん、深さにおいても大腿四頭筋の筋膜まで切除することにした。但し、この大きさで切除すると当然通常の皮膚の縫合では閉鎖できませんので、右側腹部の皮膚の皮膚弁(スキンフラップ)を作って、閉鎖することになった。病理組織検査の結果は血管周皮腫だった。写真は順を追って示している。

 

 

 

 

高齢猫の耳介の扁平上皮癌の切除手術

17歳の猫が他院にて高齢でしかも心臓に雑音があるので手術は不可能と言われたが、次第に腫瘍も増大してくると同時に出血がひどくなったので、手術ができればお願いしたいということで来院。血液検査・画像診断(X線検査、エコー検査)・細胞診を実施した結果、SDMA16・USGボーダーラインで腎機能の僅かな低下があるが、心エコー検査で心臓の流失路狭窄があるだけで心筋症や弁膜症は無く、心臓の機能にはほとんど問題ないという循環器専門医の滝沢獣医師よる検査結果の回答があったので、手術を実施することになった。その術前から術後までの写真をご覧ください。術後の経過も良くしばらく気分よく生活できることでしょう。

術前切開

                                                             

シーズーの実質性角膜潰瘍

7歳のメスのシーズーが目を開けずらいとのことで来院した。

眼科検査では結膜充血が重度で、角膜にも血管新生が見られており角膜には大きなクレーター状となる潰瘍が見られた。
通常フルオレセイン 染色による検査では角膜潰瘍は緑色に染色されるが、このシーズーでは中心部は染色されずにリング状に緑色に染色されており、染色されていない中心部(潰瘍底)がデスメ膜に達していることが分かった。

角膜は4層構造からなっており、そのもっとも表層(角膜上皮細胞)のみの欠損である表層性角膜潰瘍であれば1週間ほどで治癒するが、角膜実質まで及んだ角膜潰瘍では治癒に時間がかかる。特に実質深くまで及んだ角膜潰瘍では角膜穿孔に進行してしまうことがあるため、手術による結膜フラップや眼瞼縫合を行い、それを防ぐ必要がある。
このシーズーでは外科処置は選択せずに、『動物用コンタクトレンズ』を装着する治療を選択した。(下の写真の青い点々がコンタクトレンズ)
コンタクトレンズ装着後1週間ほどで潰瘍は少しずつ縮小して約1ヶ月半で潰瘍は治癒したが、これだけ深い角膜潰瘍であると、角膜実質のコラーゲン配列が乱れることで角膜の透明性はなくなり白く瘢痕が残ってしまう。さらに黒色の色素沈着も残存してしまう。



シーズーやパグなど頭短種では目が大きく、そのために角膜潰瘍の治りが悪く進行してしまうことがあります。
そのためエリザベスカラーの装着はもちろんのこと、頻繁に目薬を滴下していただく必要があり、進行しないか頻繁に目をチェックする必要があります。

1.5ヶ月齢の子猫の胃内異物摘出手術

体重500gに満たない子猫が哺乳器の先端のシリコン製乳首を飲み込んでしまった。翌日絶食で連れて来ていただき、直径3mmの内視鏡で摘出を試みたが、粉ミルクの一部が残っており、うまく操作できず、結局、胃切開により摘出した。無事に退院しミルクや離乳食も食べれるようになった。

若齢のラブラドールレトリーバーの線状異物による腸閉塞

3日前にもしかしたら刺繍糸を食べたかもしれないが、食べたかどうかも不明。一昨日より嘔吐・下痢・元気食欲無くなり、他院にて皮下輸液と制吐剤を投与。翌日ぐったりしてきたため、当院を受診。発熱40℃、CBCやChemの検査では好中球増多、膵炎なし。レントゲンで小腸領域に小さめのガス像が多数存在。Echo検査で小腸内にかなりの液体貯留。以上の結果から腸閉塞を疑い、開腹手術を行った結果、腸管がアコーデオン状に手繰られており、触診で胃内と小腸内に異物の塊が蝕知され、腸管内には繊維状の異物に触れることができた。胃切開及び小腸切開により刺繍糸が束になった塊状の異物を摘出し、その塊につながる糸を切断して異物の全てを取り除いた。

失神する犬「重度の肺高血圧症」

『2週間前から失神することがある』との主訴で来院した12歳のミニチュア・ダックスフンド。
身体検査では心臓から小さな雑音が聴取され、その他大きな異常は無かった。血液検査も概ね基準範囲内の値であった。
胸部レントゲン検査、心電図検査からは心臓の右側の問題が考えられたために超音波検査を行った。超音波検査では、右房/右室の拡大および右室肥大と三尖弁逆流が認められ、収縮期/拡張期ともに心室中隔の扁平化が認められた。さらに、肺動脈弁逆流も認められた。
各種検査結果から『重度の肺高血圧症』と診断した。

治療を開始して1週間後には失神やふらつきは減少した。

肺高血圧症というのは、全身の血圧は正常でも肺動脈の血圧が高くなっている状態です。
そのため、肺のガス交換(酸素化)の効率が悪くなり低酸素のため失神を起こします。さらに、腹水や浮腫みもみられます。
肺高血圧症になった原因を突き止めるのは非常に難しいとされています。

 

猫の耳道内炎症性ポリープ

13歳の猫が『耳がクサイ』との主訴で来院された。
耳を観察しようとすると、膿性の耳だれがあり耳道内の観察が出来なかったため耳だれを拭い、その後、耳道内洗浄を行った。
耳だれを拭ったものを検査すると大量の細菌および少数のマラセチアが確認された。
洗浄後の耳道内をビデオ・オトスコープで観察すると下の写真のような腫瘤が耳道を塞いでおり、鼓膜までは観察できなかった。
細菌感染による『炎症性ポリープ』を疑い、オーナー様と相談の結果、全身的な抗生物質治療と点耳薬(抗生物質、抗真菌剤、ステロイド剤の合剤)による局所治療で経過観察を行うこととし、縮小がみられなかった場合は手術による摘出を検討することになった。

2週間後には明らかな縮小傾向がみられ、さらにその1週間後には腫瘤は消失していた。

犬の膀胱癌(移行上皮癌)

13才のヨークシャーテリアの歯科治療(歯周病治療及び動揺歯の抜糸とスケーリング)の麻酔前に行なう術前検査をした際に、エコー検査で見つかった膀胱壁の腫瘤が、尿検査による細胞診で移行上皮癌の疑いがあった為、切除生検も含めた腫瘤切除を行った。小型犬の膀胱に直径1.5cm近い腫瘍となると、周辺マージンも含めて3cmは切除することになるので、膀胱全体の1/3を切除することになる。以前には膀胱の1/2の切除を行なったこともあるが、最終的にほぼ元のサイズに戻る。病理組織検査の結果は膀胱の移行上皮癌だった。その後順調に経過し、抜糸も終了した。